So-net無料ブログ作成

Kindle版:Introduction to Computing Systems: From Bits & Gates to C & Beyond 3rd Edition [読書会]

Introduction to Computing Systems: From Bits & Gates to C & Beyond (English Edition)

Introduction to Computing Systems: From Bits & Gates to C & Beyond (English Edition)

  • 出版社/メーカー: McGraw-Hill Higher Education
  • 発売日: 2019/09/03
  • メディア: Kindle版

紙の本はかなり高額ですが、Kindle版も発売になっており、5000円弱となっています。第2版が2003年ですから、16年振りの改訂となります。

この本の第2版に関しては、何度かブログで紹介していますが、その一つを再度引用しておきます。
この書籍は、前半は、コンピュータの仕組みを学ぶ内容となっています。それも、トランジスタから始まって、基本的なANDやOR回路、フリップフロップ、メモリ回路、ALUなどを順次説明していき、最後は、16ビットのコンピュータの回路まで説明していくというものです。練習問題も多く、勉強会では、基本的にすべての練習問題に取り組んでもらいました。

この勉強会は、私が属する事業部に配属されたその年の新卒新人は全員必須でした。さらに、週に3回も開催していたので、予習が追いつかないという状況だったようです。それで、途中から、週1回に変更しました。

書籍の前半が終わった時点で、後半への参加は、必須ではなくしました。後半は、C言語が解説してあります。しかし、C言語の単なる説明ではなく、コンパイルするとどのような命令が生成されるかや、関数呼び出しでスタックはどのように使用されるのかとかが解説されています。後半も、練習問題をすべて行いながら勉強会を続けました。

結局、この書籍の勉強会は、約3年を要しました。しかし、参加者は、コンピュータの基礎を学んだだけでなく、英語の専門書を一冊読むことを経験してもらったことになります。この本の改訂版が出版されたら、もう一度勉強会をやってもよいかなとは思っています。
ここで述べている勉強会の対象者は2005年度の新卒新人でしたので、読み終えたのが2008年となります。

この本は、米国の大学のComputer Scienceの一年生用に書かれており、実際に教えられています。日本の大学ではここまできちんと教えている大学はとても少ないのではと思います。

上記の引用している記事の最後に書いているように、第3版が出たので社内で勉強会を開催したいと思います。いつから始めるかは未定ですが、以下のスケジュールを考えています。

【開催日時】毎週木曜日 午前8時〜9時30分(90分)

基本的には事前割り当てなどせずに、勉強会の中で英語を日本語に訳しながら読んでいき、練習問題もその場で問いていきたいと思います。おそらく3年は要するとは思いますが、私が定年退職する前には終わると思います。希望者は社内のSlack(@yoshiki.shibata)で私まで直接知らせてください。

追記(2019年10月15日)
  • 申込みはないので、一人で読んでいます。
  • この本のサポートページは、Appendix Fに書いてあるURLではなく、こちらです。

コメント(0) 

【社内連絡】『Effective Java 第3版』読書会参加者募集 [読書会]

Effective Java 第3版

Effective Java 第3版

  • 作者: Joshua Bloch
  • 出版社/メーカー: 丸善出版
  • 発売日: 2018/10/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

(ブログに書いていますが、社内向けの内容です)

(Javaはメルカリグループでほとんど使われていないのと朝8時なので、参加者がいるかは疑問が残りますが)『Effective Java 第3版』の発売に伴い、読書会を開催したいと思います。『プログラミング言語Go』読書会と同じ理由でブログで募集します。

『Effective Java』の内容に関する質問に答えたり、解説したりするのは、過去は「Java研修」でしか行っていません。その主な理由は、内容を理解するために必要な基礎知識を研修を通して事前に学んでおいてもらうためです(「『Effective Java 第2版』は、やはり初心者向けではない」参照)。今回の読書会では、参加者の知識レベルに合わせて必要に応じて説明していきます(さすがにJavaを一から教えることはしません)。そのため、かなり長期間の読書会になる可能性があります。

希望者は、社内のslackで私(@yoshiki.shibata)へ知らせてください。
  • 開催日: 毎週、木曜日 朝8時から9時まで(木曜日が休みの場合は休会)
  • 開始日: 2018年11月1日(木)
  • 場所:  メルペイ社内会議室(六本木ヒルズ43F)
  • 対象者: メルカリグループ社員だけでなく、メルカリグループ内で働いている技術者(業務委託、インターシップなど)。
  • 進め方: 最初から読んでいきます。疑問点は、都度ディスカッションしていきます。
具体的な会議室については、参加希望者数をもとに決めたいと思っています。また、他拠点を接続しての開催は行いません。

【追記(2018年10月31日)】参加申し込みがゼロでしたので、開催しないことになりました。
コメント(0) 

【社内連絡】『プログラミング言語Go』読書会参加者募集 [読書会]

プログラミング言語Go (ADDISON-WESLEY PROFESSIONAL COMPUTING SERIES)

プログラミング言語Go (ADDISON-WESLEY PROFESSIONAL COMPUTING SERIES)

  • 作者: Alan A.A. Donovan
  • 出版社/メーカー: 丸善出版
  • 発売日: 2016/06/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

(ブログに書いていますが、社内向けの内容です)

3年振りに読書会を開催したいと思います。本来なら、社内のslackで告知すればよいのですが、過去の読書会はブログで募集しているので、今回もブログに書きます(後で調べるときは、ブログの方が便利なので)。

希望者は、社内のslackで私(@yoshiki.shibata)へ知らせてください。
  • 開催日: 毎週、月曜日 朝8時から9時まで(月曜日が休みの場合は休会)
  • 開始日: 2018年10月29日(月)
  • 場所:  メルペイ社内会議室(六本木ヒルズ43F)
  • 対象者: メルカリグループ社員だけでなく、メルカリグループ内で働いている技術者(業務委託、インターシップなど)。
  • 進め方: 最初から読んでいきます。本来なら練習問題を解くことも重要なのですが、読書会の中では練習問題は解きませんので、各自で取り組んでみてください。
具体的な会議室については、参加希望者数をもとに決めたいと思っています。また、他拠点を接続しての開催は行いません。

コメント(0) 

リコーでの社内勉強会の本の一覧 [読書会]

この2年弱は、社内での勉強会を開催していませんが、私が主催でリコー社内で開催した勉強会で読んだ本の一覧です。

【期間】2010年5月10日〜2010年10月15日
アジャイルソフトウェア開発の奥義 第2版 オブジェクト指向開発の神髄と匠の技

アジャイルソフトウェア開発の奥義 第2版 オブジェクト指向開発の神髄と匠の技

  • 作者: ロバート・C・マーチン
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2008/07/01
  • メディア: 大型本

【期間】2010年9月9日〜2012年12月10日
Linux Kernel Development (3rd Edition) (Developer's Library)

Linux Kernel Development (3rd Edition) (Developer's Library)

  • 作者: Robert Love
  • 出版社/メーカー: Addison-Wesley Professional
  • 発売日: 2010/07/02
  • メディア: ペーパーバック

【期間】2010年11月3日〜2011年11月23日
言語設計者たちが考えること

言語設計者たちが考えること

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2010/09/27
  • メディア: 大型本

【期間】2012年1月19日〜2013年7月13日

コンピュータの構成と設計 第4版 下 (Computer Organization and Design: The Hardware/Software Interface, Fourth Edition)

コンピュータの構成と設計 第4版 下 (Computer Organization and Design: The Hardware/Software Interface, Fourth Edition)

  • 作者: デイビッド・A・パターソン
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2011/11/17
  • メディア: 単行本

【期間】2014年1月21日〜2015年4月4日
RESTful Web APIs

RESTful Web APIs

  • 作者: Leonard Richardson
  • 出版社/メーカー: Oreilly & Associates Inc
  • 発売日: 2013/09/27
  • メディア: ペーパーバック

【期間】2015年4月27日〜2015年11月30日
Javaパフォーマンス

Javaパフォーマンス

  • 作者: Scott Oaks
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2015/04/11
  • メディア: 大型本

英語で読んだ本が2冊でした。

コメント(0) 

『Javaパフォーマンス』読書会 終了 [読書会]

Javaパフォーマンス

Javaパフォーマンス

  • 作者: Scott Oaks
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2015/04/11
  • メディア: 大型本

2015年4月27日(火)から始めた社内の『Javaパフォーマンス』読書会ですが、開催しない週があり進捗が悪かったのですが、今日終わりました。5名で始めた読書会でしたが、途中1名が転職したので4名で終了しました。

2月に大森事業所から海老名へ転勤後の勉強会でしたが、なんとか終わらせることができました。12月7日からは新横浜事業所勤務になります。

『Javaパフォーマンス』読書会  [読書会]

Javaパフォーマンス

Javaパフォーマンス

  • 作者: Scott Oaks
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2015/04/11
  • メディア: 大型本

先日募集した『Javaパフォーマンス』の社内読書会を4月27日(月)から始めます。参加者は、私を入れて5名と非常に少ないです。

この人数が少ないかというと、他の書籍の社内読書会でも最後まで続いた人達なので、特に少なくはないです。朝の読書会では、当初は参加者が多いです。しかし、普段から朝早く起きられる人でないと続かないため、結果として、少人数になってしまいます。

『RESTful Web APIs』読書会 終了 [読書会]

RESTful Web APIs

RESTful Web APIs

  • 出版社/メーカー: O'Reilly Media
  • 発売日: 2013/09/12
  • メディア: Kindle版

2014年1月21日(火)から始めた『RESTful Web APIs』読書会ですが、開催しない週があったり、転勤で勤務場所が変わったりして、かなり進捗が悪かったのですが、今日、終わりました。最終会の参加者は、私を入れて3名でした。翻訳が出ていない本の読書会でした。

【社内連絡】『Javaパフォーマンス』読書会参加者募集 [読書会]

Javaパフォーマンス

Javaパフォーマンス

  • 作者: Scott Oaks
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2015/04/11
  • メディア: 大型本

ブログに書いていますが、社内向けの内容です。

JavaDay Tokyoの会場で中身を見たのですが、なかなか良さそうなので、社内で読書会を開催したいと思います。

希望者は社内の私のメールアドレスに、以下の件名のメールをください。

件名: 『Javaパフォーマンス』読書会参加希望

なお、同時に書籍の購入も手配しますので、購入希望の有無をメール本文に記入してください

開催日: 毎週、月曜日 朝7時40分から8時45分
開始日: 2015年4月27日(月)
場所: 私が勤務している海老名リコーテクノロジーセンターのC棟19Fの会議室
申込み〆切: 2015年4月17日(金)
対象者: リコー社員に限定しませんので、関連会社、業務委託、派遣の人も参加可です。
進め方: 最初から読んでいきます。

この読書会そのものは、非業務扱いです。また、他拠点を接続しての開催は行いません。

【社内連絡】 Go読書会参加者募集 [読書会]

ブログに書いていますが、社内向けの内容です。

私自身の復習も兼ねてGo言語の公式ドキュメント(「Effective Go」、「Language Specification」、「FAQ」など)を読んでいく読書会を開催します。

希望者は社内の私のメールアドレスに、『Go読書会参加希望』と題したメールをください。

開催日: 毎週、木曜日の1回 朝7時40分から8時45分
開始日: 2014年1月23日(木)
場所: 私が勤務している事業所(大森)の私の居室の会議テーブル(今回は、他拠点とは接続しません)
申込み〆切: 2014年1月16日(木)
進め方: 読みながら訳していきます。

この読書会そのものは、非業務扱いです。

【社内連絡】『RESTful Web APIs』読書会参加者募集 [読書会]

RESTful Web APIs

RESTful Web APIs

  • 作者: Leonard Richardson
  • 出版社/メーカー: Oreilly & Associates Inc
  • 発売日: 2013/09/27
  • メディア: ペーパーバック

ブログに書いていますが、社内向けの内容です。

REST APIに関する書籍は、少ないですが、新刊ということで読書会を開催します。希望者は社内の私のメールアドレスに、『勉強会参加希望』と題したメールをください。

開催日: 毎週、火曜日の1回 朝7時40分から8時45分
開始日: 2014年1月21日(火)
場所: 私が勤務している事業所(大森)の私の居室の会議テーブル(今回は、他拠点とは接続しません
書籍: 『RESTful Web APIs』(各人購入してください)
申込み〆切: 2014年1月14日(火)
進め方: 基本的に最初から読んで訳しながら学習していきます。

この読書会そのものは、非業務扱いです。