SSブログ

19冊目の技術書の翻訳作業 [プログラマー現役続行]

私にとって19冊目のとなる技術書の翻訳を5月からずっと行っています。ページ数が多いので、出版は年明けになるかと思います。具体的にどの書籍であるかは言えませんが、翻訳しながら、新たな事柄を学んだり、自分自身の知識の整理や補完になったりしています。

技術書は、読んだだけや翻訳しただけでは、頭に残っている量は意外と少ないことがあります。翻訳した技術書を使った技術教育、社内での読書会、オンラインでの読書会を通して何度も読むことで頭に残っていきます(単に、年をとって記憶力が落ちてきているだけかもしれませんが)。実際、翻訳したときには学んだけれど、ほぼ断片しか頭に残っていない書籍もあります。

来年には、どの書籍になるかは分かりませんが、20冊目となる技術書の翻訳を行いたいと漠然と思っています。
コメント(0) 

『ベタープログラマ』オンライン読書会が終わりました [読書会]

今年の2月20日から開催した書籍『ベタープログラマ』のオンライン読書会が終わりました。ちょうど8回の開催で終了しました。

ベタープログラマ ―優れたプログラマになるための38の考え方とテクニック

ベタープログラマ ―優れたプログラマになるための38の考え方とテクニック

  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2017/12/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

基本的に、参加者にほぼ1ページ単位で読んでもらい、章末にある「質問」については、参加者で議論するという形式で進めました。最後は、丁度「訳者あとがき」を時間内で読み終えることができました。

全8回の参加者数は延べ73名で、最終回は7名の参加でした。8回全部に参加された方は、3名でした。月に1回とはいえ、土曜日の午後1時から5時までですので、継続して参加するのは難しいのかもしれません。

10月からは、『達人プログラマー第2版』を読んでいきます。参加申し込みは、こちらです。

達人プログラマー ―熟達に向けたあなたの旅― 第2版

達人プログラマー ―熟達に向けたあなたの旅― 第2版

  • 出版社/メーカー: オーム社
  • 発売日: 2021/01/18
  • メディア: Kindle版

コメント(0) 

9/11から20年 [時の流れ]

2001年9月11日は、台風の影響だったと思うのですが朝から雨でした。こんな日は会社に行きたくないなと思いながら朝シャワーを浴びた後、浴室から出る際に体を拭いていたときに腰に痛みが走り、ぎっくり腰になってしまいました。これをきっかけに、一年以上(たぶん二年ぐらい)は腰痛に悩まされることになりました。

9月11日は、会社に行くのは無理になったので、ソファーで横になってテレビを見ていました。そしたら、アメリカ同時多発テロが発生し、実際にワールドトレードセンターにハイジャックされる航空機が突入するのを(たぶん生放送で)テレビで見ていました。

ちょうど『Effective Javaプログラミング言語ガイド』の出版準備が進んでいて、『Effective Java』の第1版となるこの書籍で、Joshua Blochは、「日本語版によせて」を次の言葉で締めています。
On September 11, 2001, a tragedy befell the world. I would like to dedicate this edition to all those who devote their energies to creation.

2001年9月11日に、悲劇が世界に降りかかりました。私は、創造に精根を傾けている人々に、本書を捧げたいと思います。
最初に送られてきた原稿は、もっと強い表現だったのですが、技術書としては強すぎるので、あえて書き直してもらったのが、上記の文章です。第2版からは、この文も削除されています。

その後の世の中の動きは、あまり覚えていません。私自身は、翌年の8月に米国のWebster, NYに赴任して、Xerox社で働き始めました。しかし、当時従事していたプロジェクトが中止となり、2002年1月31日には、Webster, NYを発って日本に帰国しました。

とても短い米国生活でしたが、2002年11月末には休暇を取って、西海岸へ行き、Sun Microsystems社を妻と二人で訪問して、Joshua BlochやNeal Gafterと会いました。その後は、日本でのJavaOneで二人が来日した際や私が米国へ出張した際に二人と何度か会っています。

20年という年月は、実際に経過してしまうと、あっという間でした。そして、昨年からのコロナによるパンデミックのために、まさか毎日在宅で仕事をする日が来ることさえも、20年前には想像さえしたことがありません。昨年は、急性心筋梗塞で救急搬送されて一命を取り留めることができ、親よりも先に亡くなるという親不孝をすることなく、今を過ごしています。
コメント(0)